2013年5月 3日 (金)

Western Digital / WD Red レビュー

NSAで使っているHDDの容量拡張を行うため、これまでインストールされていた WD RE3(WD1002FBYS)からWD Red (WD30EFRX)に変更した。
壊れにくさを求めEnterprise Storageを使っていたが、最近、Western Digital からNAS向けのStorageが販売されており使ってみることにした。

NSA内ハードディスク温度
HDD 1温度 32°C/89°F
HDD 2温度 27°C/80°F
HDD 3温度 38°C/100°F
HDD 4温度 39°C/102°F

HDD 1 は、WD Red 入れてから3時間のリビルド完了直後の温度
HDD 2 は、WD Red 入れたばかり
HDD 3 は、WD RE3 これまで運用しているもの(これから交換予定)
HDD 4 は、WD RE3 これまで運用しているもの(これから交換予定)

HDDの回転速度が遅いと発熱量や消費電力が少なくエネルギー効率がよさそうです。その結果が温度にも表れています。
当然、回転時の振動も少なく会社のバックアップストレージとしてだけではなく、家庭のNSA用としても十分にコストパフォーマンスに優れている製品であると思います。

再構築がてら古いNSA(Buffalo Terastetion)のHDDをすべてWD20EFRXに交換しまし、500GB×4を2TB×4に改造しましたが、問題なく動いています。NSAは2008年頃買ったものなのでCPUの処理能力も低く速度的なパフォーマンスを感じることはできませんでした。....当然ですか

後は、実際の故障率ですが、これから検証することになります。

2010年12月20日 (月)

Photo Editorでエラーが発生しないためのセキュリティ自動更新防止策

Photo Editor で「読み込み中にエラーが発生しました。」は、先日の対処で回復したものの、Microsoft Updateが実行されると、また、Photo Editorで大きな画像を読み込むとエラーが出るようになってしまった。゚゚(´O`)°゚

Microsoft Updateで、『Office XPセキュリティ更新(KB2289162)』の更新インストールを止めておかなかったのが原因だった。(;´д`)トホホ…

手順としては以下の通りです。
oneKB2289162がインストールされていない状態で、Microsoft Updateを手動で実行します。
 もし、KB2289162がインストールされていれば、もう一度、削除します。


twoMicrosoft Updateを手動で実行します。
 Updatev6


three私は、カスタムを選びましたが、高速でもいいのでボタンを押します。
 Kb2289162


fourKB2289162があれば[+]を押して展開します。
 更新対象としないようにチェックを外し、この更新プログラムを非表示にするにチェックします。
 「更新プログラムの確認とインストール」を押してします。
 Kb2289162_2



five「更新プログラムのインストール」を押して終了です。
 Photo_2

2010年12月17日 (金)

突然、Microsoft Photo Editorがエラーで画像が開けなくなった。

Microsoft Office XPに付属している、Photo Editorで画像ファイルを開こうとすると「読み込み中にエラーが発生しました。」となり、開くことができなくなりました。
今週の頭までは問題なく開けていたのに...

ググって、いろいろなサイトを見ると同じような症状が過去にも多くあったようで、グラフィックフィルターのバージョンの整合性が取れないと同様の現象となることまで分かった。

早速、先人の教えのとおりやってみた。
C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Grphflt\にある
Jpegim32.fltを消して
Office XPのインストールメディアを用意して
Photo Editorを立ち上げるとインストールが進んで治るとか!?

今回は、治らない ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

しかたがないので、Photo Editorとグラフィックフィルターをアンインストール後、再インストールしてみた。

やっぱり、治らない ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

そして、同じ症状は私だけじゃないらしい ┐(´д`)┌ヤレヤレ

容量の小さな画像は開けても、1.5MB程度を超えるファイルになると「読み込み中にエラーが発生しました。」がでる。
実際のところは、どの程度がら開けなるか境界の検証はしていません

すると心当たりは、2~3日前に行われたMicrosoft Updateがあやしい!
...で、探ってみると、こいつがぷんぷんにおう!
typhoonMicrosoft Office XP セキュリティー更新プログラム(KB2289162) 2010年12月14日
調べてみると、
 Bmpimp32.flt
 Cgmimp32.flt
 Epsimp32.flt
 Gifimp32.flt
 Jpegim32.flt
 Pictim32.flt
 Png32.flt
 Wpgimp32.flt
以上のグラフィックフィルタについてアップデートがされていた。 (Microsoft Support)

試しに、「プログラムの追加と削除」から更新プログラムの表示にチェックをいれ、KB2289162を探しだし、削除したら...
Gpfilt_2

治った。( ^ω^)おっおっおっ

ただし、今回はセキュリティの更新をひとつ消しているので安全性についての問題は残りますが、Microsoft Office XP セキュリティー更新プログラム(KB2289162)にも問題がありそうですね。

また、Microsoft Updateで、KB2289162についてはインストールされないように、しばらくの間は除外をする必要がありそうです。

これは、いまだにMicrosoft Office XP を使い続けPhoto Editorを使う人に役立つ情報です。(多分、しばらくの間だけだと思う)
Microsoft Updateなので同じような被害に遭遇している人も多いかもしれないw(゚o゚)w

2010年7月 1日 (木)

QNAP TS-459 Pro パフォーマンス・レビュー

20万円以下でRAID 5 で 3TB以上の構築ができるが安価なNAS製品、これまで、I・OデータかBuffaloしか知らなく、導入時に2社の製品を比較してところたいした違いは無く、I・Oデータの方が管理画面のイライラするくらい遅いのがI・Oデータでした。その為、これまBuffaloのを選択してきました。
しかし、安価な製品だけに製品のホームページでうたわれているパフォーマンスがどうしてもでないんです。
そこで、たまたま巡り会ったQNAP製品を購入して試すことにしました。
やはり、実環境ではどの程度のパフォーマンスが出るか製品を購入する際に気に掛かるところです。

NAS製品レビュー
 QNAP TS-459 Turbo Pro
 Buffalo TS-HTGL/R5 
 Buffalo TS-XL/R5 

標準的に使っているサーバー機(Windows 2003とWindows2008)を基準として4GB程度のフォルダーを丸ごとコピー(書き込み)するときのネットワークトラフィックで比べることにしました。
これといった、専門のツールでもなく専用のネットワーク環境でもなく通常業務をしている環境でテストしてみました。

送信する側のPCは同一の物を使い1GbのLAN環境で各サーバーに対して書き込みを行いました。下記のグラフは、それぞれWindows 2003Server(左) とWindows2008Server(右)に書き込みを行った時のトラフィックです。
Windows

次のグラフは、それぞれ書きに示す製品にWindows Serverにおこなったのと同様の書き込みテストを行いました。
Ts459pro
 左)QNAP TS-459 Turbo Pro
 中)Buffalo TS-HTGL/R5 
 右)Buffalo TS-XL/R5

以上の結果から、QNAPのTS-459ProはBuffalo 高速なテラステーションシリーズに比べて3倍近い書き込み速度であることが感覚的にわかっていただけるとおもいます。

Windows Serverのように高速なCPUやRAIDコントローラーを持たないQNAPのTS-459Proは、かなり健闘している結果となりました。

TS-459Proは、秋葉原のDOS/Vパーツ屋さんなどで扱われており、どちらかと言えばPCパーツ扱いです。
その為、好きなHDDを選択できるなどメリットも高いです。
PCを自分で組み立てたことのある方には特にQNAPはお勧めです。

2009年12月11日 (金)

日本語キーボードなのに、文字を打つと英語配列のキーボードになってしまった。

HP StorageWorks All-in-One SB600cを使っていたらある日、英語キーボード配列になっていることに気がついた。
このAiO SB600cは、Windows2003R2(英語版)をベースとしたストレージブレードサーバーなので、操作上は、どうしても完全なる日本語には弱い感じがする。(機能上は問題ない)
AiO SB600cには、BladeのiLo2(仮想KMV)を経由してアクセスしますが、iLo2の設定でキーボードを見ても日本語になっており、疑わしはWindows2003Serverしかなかった。

メーカーのWebも含めて検索をしたのですが、日本語キーボードなのに英語キーボードのキー配列になってしまった場合の対処方法が無く、あれこれ探していると日本語キーボードを英語キーボードへ変える為の方法を見つけ、その反対をする事で対処することが出来ました。

通常、OSセットアップ時に聞かれるキーボードタイプですが、一度インストールを終えると変更するには、レジストリエディターで修正をするしか無いようです。

  1. c:\Windows\system32に106キーボードドライバーが有るか確認します。
  2. レジストリエディターで以下のキーを修正する。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parametersにある
    LayerDriver JPN の値を106とかに適切に修正する
  3. コンピューターを再起動して確認してみる

«DELL Optiplexの故障診断LEDの正式名称は「診断ライト」

カテゴリー

無料ブログはココログ