« OSの仮想化技術 | トップページ | 中央道と関越道がつながる »

2007年6月 5日 (火)

電子マネーの”Edy to Edy”に挑戦

携帯電話の電子マネーEdy(エディ)の機能で、友達などの相手もEdy機能付き携帯電話でユーザー登録をしていれば、Edy間で送金しあえる”Edy to Edy”を利用することができました。

たまたまなんですが、先日行ったLinuxWorld Expo/Tokyo 2007(東京ビックサイト)で、コンテンツマネージメントシステム(CMS)であるPloneにやたらと詳しい学生時代の後輩に会い、いろいろと話を聞いてるうちに出版している本をくれそうになったので、さすがにお金を支払おうとしらた、2,000円の買い物をする手段として、なんと!財布の中には一万円札しか見あたらず。そして、後輩にはそのおつりも見あたらず。ふぅと!携帯電話でEdyが使えるか聞いてみたらEdy対応であったため、私も後輩も初めて使う”Edy to Edy”を使って本の代金を支払うことに成功しました。(Edy手数料53円かかりました)

...で、今回購入した本がこれ、『Ploneによる簡単Webコンテンツ管理』でした。

« OSの仮想化技術 | トップページ | 中央道と関越道がつながる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

てっきり携帯と携帯を合わせるのかと思ってました、違うのね…
手数料と消費税がかかるのかよっ!て感じ。システム利用料は使用者負担って事ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214455/15319451

この記事へのトラックバック一覧です: 電子マネーの”Edy to Edy”に挑戦:

« OSの仮想化技術 | トップページ | 中央道と関越道がつながる »

カテゴリー

無料ブログはココログ