« DELL Optiplexの故障診断LEDの正式名称は「診断ライト」 | トップページ | QNAP TS-459 Pro パフォーマンス・レビュー »

2009年12月11日 (金)

日本語キーボードなのに、文字を打つと英語配列のキーボードになってしまった。

HP StorageWorks All-in-One SB600cを使っていたらある日、英語キーボード配列になっていることに気がついた。
このAiO SB600cは、Windows2003R2(英語版)をベースとしたストレージブレードサーバーなので、操作上は、どうしても完全なる日本語には弱い感じがする。(機能上は問題ない)
AiO SB600cには、BladeのiLo2(仮想KMV)を経由してアクセスしますが、iLo2の設定でキーボードを見ても日本語になっており、疑わしはWindows2003Serverしかなかった。

メーカーのWebも含めて検索をしたのですが、日本語キーボードなのに英語キーボードのキー配列になってしまった場合の対処方法が無く、あれこれ探していると日本語キーボードを英語キーボードへ変える為の方法を見つけ、その反対をする事で対処することが出来ました。

通常、OSセットアップ時に聞かれるキーボードタイプですが、一度インストールを終えると変更するには、レジストリエディターで修正をするしか無いようです。

  1. c:\Windows\system32に106キーボードドライバーが有るか確認します。
  2. レジストリエディターで以下のキーを修正する。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parametersにある
    LayerDriver JPN の値を106とかに適切に修正する
  3. コンピューターを再起動して確認してみる

« DELL Optiplexの故障診断LEDの正式名称は「診断ライト」 | トップページ | QNAP TS-459 Pro パフォーマンス・レビュー »

オペレーティングシステム / OS」カテゴリの記事

トラブルシュート / Troubleshooting」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214455/46995372

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語キーボードなのに、文字を打つと英語配列のキーボードになってしまった。:

« DELL Optiplexの故障診断LEDの正式名称は「診断ライト」 | トップページ | QNAP TS-459 Pro パフォーマンス・レビュー »

カテゴリー

無料ブログはココログ