« ハードディスクの空き容量を定時監視してメールによる通知をするスクリプト(VBS) | トップページ | OpenBlocks 600 でDNSが起動しない »

2013年5月 3日 (金)

Western Digital / WD Red レビュー

NSAで使っているHDDの容量拡張を行うため、これまでインストールされていた WD RE3(WD1002FBYS)からWD Red (WD30EFRX)に変更した。
壊れにくさを求めEnterprise Storageを使っていたが、最近、Western Digital からNAS向けのStorageが販売されており使ってみることにした。

NSA内ハードディスク温度
HDD 1温度 32°C/89°F
HDD 2温度 27°C/80°F
HDD 3温度 38°C/100°F
HDD 4温度 39°C/102°F

HDD 1 は、WD Red 入れてから3時間のリビルド完了直後の温度
HDD 2 は、WD Red 入れたばかり
HDD 3 は、WD RE3 これまで運用しているもの(これから交換予定)
HDD 4 は、WD RE3 これまで運用しているもの(これから交換予定)

HDDの回転速度が遅いと発熱量や消費電力が少なくエネルギー効率がよさそうです。その結果が温度にも表れています。
当然、回転時の振動も少なく会社のバックアップストレージとしてだけではなく、家庭のNSA用としても十分にコストパフォーマンスに優れている製品であると思います。

再構築がてら古いNSA(Buffalo Terastetion)のHDDをすべてWD20EFRXに交換しまし、500GB×4を2TB×4に改造しましたが、問題なく動いています。NSAは2008年頃買ったものなのでCPUの処理能力も低く速度的なパフォーマンスを感じることはできませんでした。....当然ですか

後は、実際の故障率ですが、これから検証することになります。

« ハードディスクの空き容量を定時監視してメールによる通知をするスクリプト(VBS) | トップページ | OpenBlocks 600 でDNSが起動しない »

ストレージ / Storage」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214455/57303430

この記事へのトラックバック一覧です: Western Digital / WD Red レビュー:

« ハードディスクの空き容量を定時監視してメールによる通知をするスクリプト(VBS) | トップページ | OpenBlocks 600 でDNSが起動しない »

カテゴリー

無料ブログはココログ