サーバー運用

2015年9月30日 (水)

OpenBlocks 600 でDNSが起動しない

Plat'Homeの OpenBlocks 600 でファームウェアーをバージョンアップしたら、DNSサーバー(dns_plus)の応答が無くなった。

アップデートしたファームウェア
0.5-RELEASE-20150827
0.5-RELEASE-20150910

最新版を入れても、DNSの応答が無く、セキュリティーポートが閉まっているのかと思いきや.....

Webインターフェースが、最新版のファームウェアに対応していなかったみたいです。

DNSを自動起動にしていても、実は、起動していないという落ちでした。

さすが、プラットフォーム やってくれますね。


起動の方法ですが、コンロールでつないでviで下記のファイルを編集します。

/usr/pkg/etc/rc.d/dns_plus の内容
-----------------------------------------
name="named"
rcvar="dns_plus"
command="/usr/pkg/sbin/${name}"  <--------こいつが犯人
pidfile="/usr/pkg/var/run/named/${name}.pid"
-----------------------------------------

下記に書き換えます。
command="/usr/sbin/${name}"

で、再起動すればOKです。


今回、ググって助けてもらったブログ
てけてけ
ありがとう<(_ _)>

2012年10月10日 (水)

ハードディスクの空き容量を定時監視してメールによる通知をするスクリプト(VBS)

ファイルサーバーやhyper-VのホストOSのHDD(ハードディスク)容量をメールで通知してくれるスクリプトを作りました。
ファイルサーバーやHyper-VホストOSなど、ディスク空き容量が枯渇化するまえに対策が行えるツールです。
タスクスケジューラーに登録して定時実行させれば、下記のようなメールが届きます。

mailtoSubject:注意 ->【”**サーバー名**”】のディスクドライブ容量レポート
-------------------------------------------------------------------

ハードディスク容量監視アラート ”**サーバー名**”の論理ドライブ

<Drive>   < 使用済 >     < 未使用 >  <ドライブ容量> <残り率>
   C:       36,544MB /     23,555MB /     60,099MB   39.19%   
   E:      915,516MB /    147,740MB /  1,063,256MB   13.90%   NOTICE!
   F:      491,011MB /    508,985MB /    999,996MB   50.90%   
   G:    1,160,950MB /  1,398,919MB /  2,559,869MB   54.65%   
   V:      461,809MB /  1,995,661MB /  2,457,470MB   81.21%   
   W:      164,781MB /    215,120MB /    379,901MB   56.63%   

------------------------------------------------------------
ハードディスクの空き容量監視スクリプト HDD-Alrte  Ver.1.10

pc動作環境(下記のOSで動作を確認しました)
Windows XP Professional SP3
Windows 7 Professional SP1 (32/64)
Windows Server 2003 (64)
Windows 2008 Server (32/64)
Windows 2008 R2 Server

mail既定では以下の残り容量でレポート内容が変化します
残り15%  .....  NOTICE!     /注意
残り10%  .....  WARNING!!  /警告
残り 5%  .....  CRITICAL!!!  /重大

このスクリプト(HDD-Alrte.vbs)をメモ帳で開き、設定範囲(34~47行)を自分に合ったものに変更して利用してください。
'::設定  ::▼ここから▼::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    CriticalRate   = 5                           '重大となる残り容量率 (0-100)
    CriticalLetter = False                       '
空容量率に問題が有るときだけレポートする (True | False)
    MailTo         = "
admin@example.co.jp"       '通知するメールアドレス
    SMTP.Server    = "smtp.example.co.jp"        'SMTPサーバー名
    SMTP.Using     = 2                           '利用するSMTPサーバー(1...ローカルSMTPサーバー / 2... 外部SMTPサーバー)
    SMTP.SSL       = False                       '送信にSSLを使用するか (True | False)
    SMTP.Port      = 25                          'SMTPサーバー ポート(既定: 25 )
    SMTP.Auth      = 0                           'SMTP認証の方式(0...利用しない / 1...Basic認証 / 2...NTLM認証)
    SMTP.AuthUser  = ""                          'SMTP認証ユーザー名
    SMTP.AuthPass  = ""                          'SMTP認証パスワード
    MailSubject    = "【" &  HostName & "】のディスクドライブ容量レポート"
    MailFrom       = "Disk report form " & HostName & " <" & HostName & "@" & DomainName & ">"
':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ▲ここまで設定▲ ::


このスクリプトは、VBScriptで書かれています。
clip「HDD-Alert.zip」をダウンロード

追記 2013.07.03...
このスクリプトは、会社規模を問わず自社のシステム管理や自信のシステム管理に利用して頂けることを想定しておりますのが、これといったサポートすることができません。
気に入って頂けたなら自由に使って頂けるとうれしいです。
ただし、客先のシステム管理など直接営利に係わる使われ方は想定していません。

2012年9月 5日 (水)

一定期間が経過したファイル(古いファイルなど)を自動で削除するバッチ

ファイルサーバーで一定期間が経過した古いファイルを自動的にWindows環境でも削除したい場合がある。
例えば1か月以上経過したファイルだけを削除するとかが可能。

その場合、DOSコマンドラインで簡単に実行できるコマンドがある。
Windows Serverの場合、タスクスケジューラにコマンドを登録しておくと古いファイルの自動削除がおこなえる。

FORFILESが使える。
かなり便利なのでメモ書きとして残しておく。

【例】
DドライブのInBoxフォルダー内にある7日以上経過したファイルおよびサブフォルダーの削除
forfiles /P d:\InBox /S /D -7 /C "cmd /c del /F /S /Q d:\InBox\@file"

【例】
DドライブのInBoxフォルダー内で 2012/09/05(指定日)以降に作成または更新されたファイルの一覧
forfiles /P d:\InBox /D +2012/09/05

カテゴリー

無料ブログはココログ